交通事故のご相談なら扇法律事務所におまかせください!

〒336-0025 埼玉県さいたま市南区文蔵2-1-2 コルティーレI 302号         扇法律事務所(南浦和駅西口より徒歩5分)

事務所にお越しいただいてのご相談となります。
セールスのお電話はご遠慮ください。     
048-864-5577
受付時間
10:00~18:00
定休日
土曜・日曜・祝日

車両の傷を見れば、衝突時に加速していたのか減速していたのかがわかる ~その2~

なお、本記事は、「車両の傷を見れば、衝突時に加速していたのか減速していたのかがわかる その1」の続きです。  

1.加害者は停止していたと言い張っている

具体的なケースで検討してみましょう。

 

下の図のように、赤い自動車の運転者が左方を十分に確認せずに道路に出たところ、左方から来た自転車が来たという状況を考えます。

赤い自動車の運転者は、自転車に気が付くと慌てて急ブレーキを踏みましたが、間に合わず自転車に接触し、転倒させてしまいました。

 




 

 

 

 




 

ところが、赤い自動車の運転者は、「道路に出る際に左方の確認を怠ってしまった」という自らの不注意を素直に認めませんでした。

被害者側は、どのように反論をすればいいのでしょうか。

 

赤い自動車の運転者が、次のような弁解をしています。

 

「左から自転車が来ることに気が付いたので、私は、自動車を停止させ、自転車が通り過ぎるのを待っていた。しかし、自転車の方が、私の車の前をかすめて倒れた。よそ見をしたまま自転車を走らせていたのだろう。」

 

どうすれば、この弁解を突き崩すことができるでしょうか。

 

2.車体の接触箇所の傷

赤い自動車の前部に、下の図のような傷が付いていました。

 

傷あとは、走行する自転車が車に残したものです。画面手前から見て、右から左へ向かってつけられました。

傷あとは、右から左へ流れる途中で、山のように上がっています。

 

これは、傷あとがつく途中で、自動車が急ブレーキをかけて前のめりになったということを意味しています。

接触箇所の地面からの高さは一定なので、自動車が前のめりになると、ボディの上の方に傷が付くからです。

 

 

したがって、赤い自動車は、自転車に接触した際に急ブレーキをかけたということがわかります。

 

3.自動車が停止していた場合の傷

もし、赤い自動車の運転者がいうように、赤い自動車が停止していたままであったとすれば、車体についた傷は、下の図のように、まっすぐなものになっていたはずです。

 

 

 

4.接触時に加速していた場合の傷

では、自動車の前面についた傷が、次のようなものであったらどうでしょうか。

 

 

傷あとは画面手前から見て、右から左に流れています。

左に流れるにしたがって、傷あとは下の方へカーブしています。

 

これは、接触した際に、アクセルを踏んで自動車を加速中だったことを示しています。

加速すると自動車の前が持ち上がるので、傷の位置は下がるのです。

 

 

自動車の運転者は、自転車に全く気が付かないままアクセルを踏んで加速し、衝突させたものと考えられます。

 

下記のリンクもご参照ください。

 

 

 

 

 

法律相談のご予約はこちら

  • 当事務所でのご相談、ご依頼には、弁護士特約を利用できます。
  • ご家族が加入している弁護士特約も利用できる場合があります。
  • 弁護士特約に入っていない方でも、人身事故については初回1時間の相談を無料で承ります

法律相談のご予約はお電話にて受け付けております。

受付時間:10:00~18:00

定休日:土曜・日曜・祝日

事務所にお越しいただいてのご相談となります。

048-864-5577

Menu

インフォメーション

ご相談の予約
048-864-5577

事務所にお越しいただいてのご相談となります。

受付時間/定休日
受付時間

10:00~18:00

定休日

土曜日・日曜日・祝日

アクセス

〒336-0025
埼玉県さいたま市南区文蔵2-1-2 コルティーレI 302号