交通事故のご相談なら扇法律事務所におまかせください!

〒336-0025 埼玉県さいたま市南区文蔵2-1-2 コルティーレI 302号         扇法律事務所(南浦和駅西口より徒歩5分)

事務所にお越しいただいてのご相談となります。
セールスのお電話はご遠慮ください。     
048-864-5577
受付時間
10:00~18:00
定休日
土曜・日曜・祝日

ノーズダイブとスクワット

1.アクセルもブレーキも踏まず等速度で走行しているとき

停止中、あるいは、一定速度で走行している自動車の姿勢は下の図のようになります。

前につんのめることもなく、前が浮き上がることもありません。

路面に平行な姿勢を保っています。

 

2.ノーズダイブとスクワット

ブレーキをかけて減速すると、下の図のように車体が前につんのめります。

これを、ノーズダイブと呼びます。

 

逆に、アクセルを踏んで加速すると、下の図のように、車体前部が浮き上がります。これを、スクワットと呼びます。

 

注意して欲しいのは、車体前部が上に浮く「スクワット」は、加速をしているときに起こります。

 

仮に、時速180キロメートルの高速度で走行していても、加速せず、走行スピードが一定の場合には、車体前部が浮き上がることはありません。すでにスピードが出ている車体は、アクセルをそれほど強く踏まなくても速度が維持できるので、停車中と同様、車体は路面に平行なままです。

 

3.ノーズダイブが起きる理由

なぜ、ブレーキを踏んで減速をするとノーズダイブが起きるのか。

下の図を見てください。

 

ブレーキを踏むとタイヤの回転が遅くなります。

タイヤは地面から後ろ向きの制動力を受けます。

制動力によりタイヤには後ろ向きの力がかかりますが、重心部分には後ろ向きの力がすぐには伝わりませんので、重心はブレーキを踏む前と同じ速度で前進を続けます。

 

その結果、車体の前が沈み、後ろが浮き上がるように、回転をします。

これがノーズダイブです。

 

4.スクワットが起きる理由

では、アクセルを踏んで加速をするとどうなるでしょうか。

 

ブレーキを踏むとタイヤの回転が速くなります。

タイヤは地面から前向きの駆動力を受けます。

駆動力によりタイヤには前向きの力がかかりますが、重心部分には前向きの力がすぐには伝わりませんので、重心はタイヤの前進に追いついていけず、タイヤの前向きの動きから取り残されます。

 

その結果、車体の後ろが沈み、前が浮き上がるように、回転をします。

これがスクワットです。

 

 ノーズダイブやスクワットという現象は、事故時に車体に残る傷痕の形や位置にも影響を与えます。

 くわしくは、下記の記事をご覧ください。

 

 

 

 

 

 

法律相談のご予約はこちら

  • 当事務所でのご相談、ご依頼には、弁護士特約を利用できます。
  • ご家族が加入している弁護士特約も利用できる場合があります。
  • 弁護士特約に入っていない方でも、人身事故については初回1時間の相談を無料で承ります

法律相談のご予約はお電話にて受け付けております。

受付時間:10:00~18:00

定休日:土曜・日曜・祝日

事務所にお越しいただいてのご相談となります。

048-864-5577

Menu

インフォメーション

ご相談の予約
048-864-5577

事務所にお越しいただいてのご相談となります。

受付時間/定休日
受付時間

10:00~18:00

定休日

土曜日・日曜日・祝日

アクセス

〒336-0025
埼玉県さいたま市南区文蔵2-1-2 コルティーレI 302号