交通事故のご相談なら扇法律事務所におまかせください!

〒336-0025 埼玉県さいたま市南区文蔵2-1-2 コルティーレI 302号         扇法律事務所(南浦和駅西口より徒歩5分)

事務所にお越しいただいてのご相談となります。
セールスのお電話はご遠慮ください。     
048-864-5577
受付時間
10:00~18:00
定休日
土曜・日曜・祝日

自動車の破損・変形から衝突速度が分かる
その2

変形の大きさ(変形量)と衝突速度は比例する

下の図のように、固定した壁に自動車を衝突させると、壁との衝突の衝撃で自動車は変形します。

このとき、衝突した自動車の変形の大きさは、衝突時の速度に比例します。

したがって、衝突後の変形を見れば、衝突時の速度が推定できます。

逆に、衝突させる速度が決まっていれば、衝突後の自動車の変形の大きさをあらかじめ予想することもできるのです。

衝突した自動車の変形量と衝突速度の関係は、以下の通りとされています(佐藤武 編著 自動車交通事故とその調査 98頁)。

(塑性)変形量(m)=衝突速度(km/h)×0.0095

メートルではなく、センチメートルで表現すると、この関係式は以下の2つの式に書き換えることができます。

【式その1】   衝突速度から変形量を予想する場合

変形量(cm)=衝突速度(km/h)×0.95

 

【式その2】   変形量から衝突速度を推定する場合

衝突速度(km/h)=変形量(cm)×1.05

具体的に見ていきましょう

下の図を見てください。

衝突後に自動車の前面部が均一につぶれてAcm縮まっているとします。

この場合、衝突速度(km/h)は、A×1.05となります。

例えば、40cm縮まったとしたら、衝突速度は40×1.05=42km/hだったと推定できます。

では、下の図のように斜めにつぶれた場合はどうなるでしょう。

このような場合には、平均で何センチつぶれたのかを出します。

AとBの平均を変形量とすればいいのです。

そして、衝突速度(km/h)=変形量(cm)×1.05の関係式によって、衝突速度を推定します。

変形箇所が一部の場合は、以下の通り変形量を求めます。平均的な変形量を求めるという発想に立っているのは同じです。

そして、衝突速度(km/h)=変形量(cm)×1.05の関係式によって、衝突速度を推定します。

もう少し複雑なケースの場合でも、今まで説明したケースを組み合わせれば変形量を求めることができます。

変形量を求めたら、今までと同様に、衝突速度(km/h)=変形量(cm)×1.05の関係式を使って衝突速度を推定します。

本記事では、自動車が固定した壁に衝突した場合を想定しました。動いている自動車同士での追突事故の場合については、以下の記事をご覧ください。

 

 

法律相談のご予約はこちら

  • 当事務所でのご相談、ご依頼には、弁護士特約を利用できます。
  • ご家族が加入している弁護士特約も利用できる場合があります。
  • 弁護士特約に入っていない方でも、人身事故については初回1時間の相談を無料で承ります

法律相談のご予約はお電話にて受け付けております。

受付時間:10:00~18:00

定休日:土曜・日曜・祝日

事務所にお越しいただいてのご相談となります。

048-864-5577

Menu

インフォメーション

ご相談の予約
048-864-5577

事務所にお越しいただいてのご相談となります。

受付時間/定休日
受付時間

10:00~18:00

定休日

土曜日・日曜日・祝日

アクセス

〒336-0025
埼玉県さいたま市南区文蔵2-1-2 コルティーレI 302号